住宅ローン借り換え相談の口コミは?

団信とは「団体信用生命保険」というもので、借り主に万が一のことがあった場合、債権者は担保となる物件(通常は住宅ローンの購入対象物件)を売却して未回収分の住宅ローン残金の弁済にあてるのですが、団信に加入していると保険会社が支払いを肩代わりしてくれるので、結果として住宅ローン残高の支払いが免除されるという保険です。
民間銀行の住宅ローンは団信の加入が義務づけられており、加入を断られると融資を受けることがでいません。
又、保険料は利子に組み込まれているので、借り主が保険料を負担に主事がないように工夫されています。
一方、フラット35などの公庫の住宅ローンは団信に加入することは義務づけられていませんから加入は自由意思になります。
従って、保険料の支払いは借り主に請求されるので、一度に多額の負担を強いられることになりますから、無理の無い支払いになるように窓口で相談することが大切です。