カジノで許可されている服装は国によって違います!

旅行会社でツアーが企画されるなど、気軽に楽しめるようになったカジノですが、守らなければならないルールやマナーがあります。
その一つが服装です。
例えばシンガポールの場合は、男性なら長ズボンにスニーカーなど、カジュアルな格好、女性なら露出の少ない格好が良いとされています。
キャミソールでも入れるようですが、カーディガンなど何か羽織れるものがあると良いでしょう。
ラスベガスの場合は自由の国アメリカらしく、決まったドレスコードはありません。
中には、ホテルのプールと繋がっていて、水着のままゲームを楽しむ事ができるところもあります。
ただし、裸足の場合は注意されることもあるので気をつけましょう。
モナコで夏季に開かれるサマー・カジノの場合は、レストランやコンサートホールなどが一体化された複合施設となっており、男性ならジャケットを着用するなどエレガントな服装、女性はカクテルドレスが推奨されています。
上記のように、各国によってドレスコードは様々に異なるため、訪れる前にはしっかりと予習しておく必要があるでしょう。