火災保険は本当に必要なもの?

火災保険という言葉は誰もが耳にしたことはあるでしょうが、実のところその必要性や意味については、あまり深く考えたことがない、という方も多いのではないでしょうか。
火災保険の意味には自宅の被害に対する補償、というのはもちろんですが、他にも落雷による被害や、台風、竜巻、旋風など様々な事態に対する補償の意味が含まれているのです。
その補償の幅広さについては、火災保険に加入する際に設定することになるのですが、手厚い補償のものをチョイスしていれば、水漏れや盗難などに対する備えも可能です。
ただし当然のことながら補償を手厚くすればするほど、保険料も比例して高くなっていきますので、自分なりの落とし所を見つけるのが火災保険選びの最も重要なポイントとなります。